ニキビを気にしすぎるのも良くありませんよ!

10代のニキビケアと予防の仕方について

年齢が10代の方のニキビについてです。10代という年齢は年頃的に一番ニキビができやすい年齢です。10代は中学生から高校生の時期、この時期は子供から大人になる過渡期のような時期です。

男性は筋肉がつき始め、体つきが男らしくなってきたり、女性なら女性らしくなったり生理が始まったりする時期でもあります。この時に多く分泌されているのが成長ホルモンという物質です。

成長ホルモンは大人になっていく上で必須のホルモンなのですが、実はこれがニキビの原因と深く関係があるのです。成長ホルモンは皮脂腺という皮脂を分泌している線を刺激する効果があります。皮脂腺は刺激が与えられると皮脂をたくさん分泌します。
ニキビ跡にできたクレーターや肌の凸凹、どうやって治す?

皮脂はニキビができる最も大きな要因の一つ。その皮脂が過多になってしまう事で、ニキビができやすくなってしまうのです。 ですので、10代という年齢はニキビができてもしょうがない時期とは言えます。

ですが、やはり年齢的なものもあり、どうしても早く治したいという方も多いでしょう。そういう方はとにかく洗顔で清潔に顔の肌を保つ事です。ただし、闇雲にゴシゴシと洗顔をしても、逆効果です。お湯は皮脂を必要以上に流してしまうため、ぬるま湯で洗います。
28歳、ファッションが一番楽しい! 【Gina】

また、朝・夜ともきちんと洗顔しましょう。一回の洗顔で顔をすすぐのは10回程度まで。あまりたくさんすすぎすぎると、これも逆効果です。ゴシゴシ洗わず、優しくなでるように洗いましょう。また、メイクはその日のうちにクレンジングで洗い落す事。

しっかりとケアをすればニキビに悩まされる10代でも、ニキビ化粧水ランキングを活用することでニキビができにくい肌を保つ事ができます。10代のニキビ予防は正しい洗顔と毎日きちんと洗顔する事。これさえできればニキビのできにくい肌を作る事ができ、きれいに顔を保てます。

また、この習慣が身に付けば、今後年齢を重ねても清潔な肌を保ち続ける事もできます。異性を気にしだす時期だからこそ、ニキビ予防もしっかりとして、毎日を楽しんでくださいね。